イメージ画像

最新情報

2014年9月5日看護師として働いていくために
保健師の仕事は、人々の健康増進・健康管理が主です。
2014年8月19日看護師として働いていくために
准看護師の存在意義について
2014年7月8日看護師として働いていくために
正看護師と准看護師の違い
2014年6月28日看護師として働いていくために
看護師が転職で後悔しないために
2014年6月11日看護師として働いていくために
看護師には優しさが大切

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

保健師の仕事は、人々の健康増進・健康管理が主です。

保健師とは、健康管理に携わる専門職で、乳幼児から高齢者にいたるまでの人々が健康な日々を過ごせるよう手助けをする仕事です。地域又は学校、企業と活躍の場は色々あり、地域の保健師として働く場合、病気予防、健康増進、保健情報の提供等多岐に渡ります。近年は、精神に障害を持った人に関する仕事も増えてきています。

学校で働く場合には、学生のほか教職員の健康維持、健康増進に気を配ることが仕事になり、学生等の病気や怪我の応急処置を行ったり、応急処置を施したときは医療機関に受診をすることが必要か否かの判断をします。産業保健師は、産業医や衛生管理者等と連携して企業で働く人たちの健康管理や健康増進を行います。労働災害や事故の予防のほか、生活習慣病の予防やメンタルヘルス対策も業務内容に含まれます。従業員の健康診断の結果、問診票、人事データ等を用いて、従業員の健康状態を報告するデータを集計・統計し、経営者に提出することも仕事の一つです。

タグ

2014年9月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

准看護師の存在意義について

准看護師の存在意義については、看護師側からしてみれば理解されない事も多く、事細やかにフォローを行っているのにもかかわらず、非難される事も少なくないです。しかし、准看護師は、医療行為が行えない代わりに、看護師が医療行為を行う為に出来る限りのフォローを行う事が仕事となるので、看護師さんのお手伝いを誠実にこなし、患者さんの治療をスムーズに行えるようにする事が仕事なので、存在意義がない訳では無いのです。

しかし、准看護師として存在意義を確立できるような職場で勤務をするのと、そうでない職場で勤務をし、何を行ったらよいのかわからないような状態で日々勤務を続けるのとでは、かなり精神的な負担に差が出てきます。看護師と准看護師がお互いのできることを上手く理解し合いながら仕事を行える職場を見つけるのには、内部事情を多少なりとも提供してくれるような場を利用し、求人を探す必要があるので、そのようにするのが無難です。

タグ

2014年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

正看護師と准看護師の違い

看護師には、大きく3つの資格があり、正看護師、准看護師、助産師という名称で呼ばれています。人数的に多いのは正看護師と准看護師で、助産師はその名前の通り産科の関係ですので、さほど多くはありません。法的に違いが定められており、准看護師は正看護師の指導の下で働くということになっています。

しかし、同じように業務をこなしているのが医療現場での現状です。また、両者の給与は、もちろん正看護師の方が高いことは言うまでもなく、病棟師長の役を担うのも准看ではダメですさらに、病院では国の決めた基準から、正看護師と准看護師の比率が決められています。これを守らず、准看護師の数が上回るとせっかく行った医療行為の見返りである診療報酬を返還せねばならないという厳しい罰則が科せられるのです。そのために、病院の看護師のトップである看護部長は、苦労して外来勤務と入院勤務の看護師のやりくりをして、正しい比率になるようにいつも見守っている訳です。

タグ

2014年7月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

看護師が転職で後悔しないために

転職で後悔する看護師は少なくありません。以前より良い職場を求めて転職したのに、以前の職場の方が良かった・・・なんてことになったら意味がありませんよね。そこで、ここでは後悔しない転職を紹介しましょう。まず第一に焦らないことです。求人は逃げませんし、中々仕事が決まらなくても自分が何を重視して職場を変えたいと思っているのかという点を無視してはいけません。その上で看護師の転職サイトを活用してみましょう。ここは看護師の求人のみに特化しているので余計な情報は一切ありません。

さらにキャリアコンサルタントに相談をすることで、満足いく結果を得られる可能性も高まります。キャリアコンサルタントは医療機関の内情に精通しており、尚且つ多くの看護師を就職させてきたプロです。そのため、どんな悩みにも答え、良い求人を紹介し、サポートしてくれるでしょう。1人で考え込まずに、まずは相談です。それが後悔しない転職のための秘訣です。

一番多いのが、小さい病院やクリニックから、大きい総合病院に転職した方の後悔が多いです。総合病院と言っても、実にいろいろですが、病棟勤務への転職を考えている方は、以下のサイトをチェックしてみてください。総合病院の看護師求人スキルアップナビ【病棟勤務への転職】

タグ

2014年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

看護師には優しさが大切

出産のため、入院しました。いままで病院に入院したことはなく、初めての体験でした。看護師さんたちは皆てきぱきとし、どちらかというとさばさばとした印象でした。初めての出産ということで、なかなか赤ちゃんが出てきませんでした。その時に言われた言葉が、出してくれないことに家に帰れないということでした。初産としては標準的な出産時間だったと思います。あの時点では出産に夢中で気になりませんでしたが、あとから考えるとなにか腑に落ちないものがあります。

そんなこともありましたが、お世話になった看護師さんのなかに、看護師なりたての方がいました。大変親切にしてもらい、優しさに体も心も癒されました。看護師皆さん始めの頃は、皆このように心から患者の為尽くそうと、この仕事を選んだんだと思います。毎日同じような状況がおき、半ば日常化しているのかもしれませんが、入院患者は非日常の大変な日々を、病院という緊張する場所で過ごしているということを忘れないで欲しいと切に願います。

タグ

2014年6月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

看護師としてうつ病を克服して復職をするには

看護師としてうつ病を克服して復職するには、職場へ復帰するタイミングや、うつの再発をする事がなく復職できるような職場を選ぶ事が適切です。うつ病を患う方の中には、様々な理由というものが存在しています。なぜうつ病になってしまったのかについては、看護師の方であったとしても、個人差が非常に大きなものとなりますが、それでも看護師として復職したい場合には、出来るだけ短期間の求人などを選び、少しずつ仕事に慣れる事ができるようにしていく事が適しています。

アルバイトなどからスタートをさせたり、徐々に精神的負担が大きくない職場からリハビリを行い、看護師としてハードな仕事をする事ができる可能性を見出すという事も、人によっては必要な事となります。面接などで病気について伝えるのも大切な事で、隠さずに話をして採用してくれるような職場に行った方が、うつ病を克服したばかりという配慮をした上での雇用をして貰える可能性があります。

タグ

2014年5月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

看護師への転職及び志望動機について

私生活をする際においては、就職をして仕事をすることになりますが、自分に適さなかった場合には、転職を考えることが重要となっています。自身に合わない仕事を続けていますと、ストレスが溜まり、精神病になる可能性が高いので注意が必要です。転職をする際においては、様々な職業があるので、十分に吟味をした上で決める必要があります。転職先として人気なのは看護師ですが、志望動機をはっきりしておくことが大事です。

面接の際においては志望動機を質問されますので、円滑に回答をすることにより、面接官に好印象を与えることができます。そうすることで、比較的容易に面接を通過することが可能となっています。看護師を募集している求人雑誌については数多くありますので、給料などの待遇を確認した上で、応募をすることが求められます。看護師の仕事については、夜勤などが多いので、体調管理をしっかりとしておくことが大切です。夜勤があるので、給料が高めに設定されています。

タグ

2014年4月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

大きな課題となり得る看護師不足の原因を探る

大きな病院であっても個人の診療所であってもまず患者の身近に寄り添ってくれる存在が看護師です。その病院や診療所の「顔」と言ってもいいほどの存在となります。そして、医師と患者の間を取り持ってくれるのもまた、看護師であることが多いのです。あまりにも多くの細かな、そして、神経を使う作業内容があるためにその仕事は激務となることがあります。仕事をただテキパキとこなすだけではなく、患者の気持ちにしっかりと向き合うことも大切な一面です。

看護師自身の体調管理というのも重要になるため、衛生面では特に注意を払うことが必要です。抵抗力の弱い状態であるなら、自分自身が何らかの病気を発症してしまったり、病気を治療に来ているはずの人が逆にその病院から新たな病気をうつされてしまうという原因になってしまうのです。様々な理由があるとはいえ、危険がつきものの医療現場で医療を施す人と施される側のきっちりとした対処策が確立されていなければ看護師不足という状態がなくなることはないのです。医療体制のさらなる充実と衛生面や精神面での安定が図られていってこそ、安心できる体制は整っていくと言えるのです。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

看護師が体験するリアリティショックについて

リアリティショックという言葉があります。夢と大きな希望を持って職場にはいったものの現実の厳しさや失望したことの積み重ねによりショックを受けてしまうこともしくはその状態のことで、学生から社会人に入る境目などに多く見られ、医療業界で研究されているテーマでもあります。その医療の世界でも例外ではなく、医師や看護師なども受けたりしますので大あれ小あれ人間社会においては全部とはいわずとも多くの人が経験していくことといえます。

これを新人看護師に絞った場合、辞める理由として大きいのがリアリティショックといわれています。思うような看護ができなかったり、人間関係の不安だったり、担当していた患者がなくなってしまったりなどが原因といえます。 しかし、こうした現実とのギャップを乗り越える力も人間にはきちんともっています。こうした場合は誰か先輩や同僚、友達、家族の方など相談してみたりしながら考え方を変えてみたり、受け入れてみたりなど人により様々です。

なかなかひとりだけでは乗り越えられないことかもしれませんが、社会人としての通過儀礼と考えしっかりやっていく覚悟をいかに持つか、現実とのギャップを小さくしていくかというのは社会人にとっては非常に大事なことといえます。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

看護師の必要な能力とは

看護師になるには資格が必要です。資格取得にはそれなりの勉強と努力が必要なのです。看護師の仕事はさまざまです。一般的には患者と向き合う仕事が多いといえます。しかし全く患者との接触をともなわない事務のような仕事を選択することも可能なのです。看護師自身の得意、不得意を考えたうえで仕事を選べばよいといえます。患者との接触が多い仕事の中で、案外難しい、あるいは面倒な作業の一つに採血作業があります。

もちろん資格取得の中でこのような作業はある程度の訓練がされてはいるのですが、個人差があり、採血作業が苦手な看護師がいることも事実なのです。個人の能力の違いにより採血作業が得意、不得意という差がでてきているのです。このような現場の実態を踏まえ、それらをサポートする体制をとっている病院もあるのです。

一番大事なことは、それぞれの看護師が自身の能力にてらして採血作業をきちんとできるかどうかを認識し、無理な場合はその旨をきちんとアピールすることが大事なことといえます。難しいと認識した場合には採血するための針をさす場所を変えるとか、針の太さかえるとかを理論だてて考え実践できることが必要ということです。患者によって採血の難易度の差は大きいのです。どうしても無理な場合はそのみちのベテランに依頼する勇気も必要ということです。結果として患者のことを最優先で考えて行動できることが大事なことといえます。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

このページの先頭へ