イメージ画像

大きな課題となり得る看護師不足の原因を探る

大きな病院であっても個人の診療所であってもまず患者の身近に寄り添ってくれる存在が看護師です。その病院や診療所の「顔」と言ってもいいほどの存在となります。そして、医師と患者の間を取り持ってくれるのもまた、看護師であることが多いのです。あまりにも多くの細かな、そして、神経を使う作業内容があるためにその仕事は激務となることがあります。仕事をただテキパキとこなすだけではなく、患者の気持ちにしっかりと向き合うことも大切な一面です。

看護師自身の体調管理というのも重要になるため、衛生面では特に注意を払うことが必要です。抵抗力の弱い状態であるなら、自分自身が何らかの病気を発症してしまったり、病気を治療に来ているはずの人が逆にその病院から新たな病気をうつされてしまうという原因になってしまうのです。様々な理由があるとはいえ、危険がつきものの医療現場で医療を施す人と施される側のきっちりとした対処策が確立されていなければ看護師不足という状態がなくなることはないのです。医療体制のさらなる充実と衛生面や精神面での安定が図られていってこそ、安心できる体制は整っていくと言えるのです。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

看護師が体験するリアリティショックについて

リアリティショックという言葉があります。夢と大きな希望を持って職場にはいったものの現実の厳しさや失望したことの積み重ねによりショックを受けてしまうこともしくはその状態のことで、学生から社会人に入る境目などに多く見られ、医療業界で研究されているテーマでもあります。その医療の世界でも例外ではなく、医師や看護師なども受けたりしますので大あれ小あれ人間社会においては全部とはいわずとも多くの人が経験していくことといえます。

これを新人看護師に絞った場合、辞める理由として大きいのがリアリティショックといわれています。思うような看護ができなかったり、人間関係の不安だったり、担当していた患者がなくなってしまったりなどが原因といえます。 しかし、こうした現実とのギャップを乗り越える力も人間にはきちんともっています。こうした場合は誰か先輩や同僚、友達、家族の方など相談してみたりしながら考え方を変えてみたり、受け入れてみたりなど人により様々です。

なかなかひとりだけでは乗り越えられないことかもしれませんが、社会人としての通過儀礼と考えしっかりやっていく覚悟をいかに持つか、現実とのギャップを小さくしていくかというのは社会人にとっては非常に大事なことといえます。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

看護師の必要な能力とは

看護師になるには資格が必要です。資格取得にはそれなりの勉強と努力が必要なのです。看護師の仕事はさまざまです。一般的には患者と向き合う仕事が多いといえます。しかし全く患者との接触をともなわない事務のような仕事を選択することも可能なのです。看護師自身の得意、不得意を考えたうえで仕事を選べばよいといえます。患者との接触が多い仕事の中で、案外難しい、あるいは面倒な作業の一つに採血作業があります。

もちろん資格取得の中でこのような作業はある程度の訓練がされてはいるのですが、個人差があり、採血作業が苦手な看護師がいることも事実なのです。個人の能力の違いにより採血作業が得意、不得意という差がでてきているのです。このような現場の実態を踏まえ、それらをサポートする体制をとっている病院もあるのです。

一番大事なことは、それぞれの看護師が自身の能力にてらして採血作業をきちんとできるかどうかを認識し、無理な場合はその旨をきちんとアピールすることが大事なことといえます。難しいと認識した場合には採血するための針をさす場所を変えるとか、針の太さかえるとかを理論だてて考え実践できることが必要ということです。患者によって採血の難易度の差は大きいのです。どうしても無理な場合はそのみちのベテランに依頼する勇気も必要ということです。結果として患者のことを最優先で考えて行動できることが大事なことといえます。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

このページの先頭へ