イメージ画像

大きな課題となり得る看護師不足の原因を探る

大きな病院であっても個人の診療所であってもまず患者の身近に寄り添ってくれる存在が看護師です。その病院や診療所の「顔」と言ってもいいほどの存在となります。そして、医師と患者の間を取り持ってくれるのもまた、看護師であることが多いのです。あまりにも多くの細かな、そして、神経を使う作業内容があるためにその仕事は激務となることがあります。仕事をただテキパキとこなすだけではなく、患者の気持ちにしっかりと向き合うことも大切な一面です。

看護師自身の体調管理というのも重要になるため、衛生面では特に注意を払うことが必要です。抵抗力の弱い状態であるなら、自分自身が何らかの病気を発症してしまったり、病気を治療に来ているはずの人が逆にその病院から新たな病気をうつされてしまうという原因になってしまうのです。様々な理由があるとはいえ、危険がつきものの医療現場で医療を施す人と施される側のきっちりとした対処策が確立されていなければ看護師不足という状態がなくなることはないのです。医療体制のさらなる充実と衛生面や精神面での安定が図られていってこそ、安心できる体制は整っていくと言えるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ