イメージ画像

看護師の必要な能力とは

看護師になるには資格が必要です。資格取得にはそれなりの勉強と努力が必要なのです。看護師の仕事はさまざまです。一般的には患者と向き合う仕事が多いといえます。しかし全く患者との接触をともなわない事務のような仕事を選択することも可能なのです。看護師自身の得意、不得意を考えたうえで仕事を選べばよいといえます。患者との接触が多い仕事の中で、案外難しい、あるいは面倒な作業の一つに採血作業があります。

もちろん資格取得の中でこのような作業はある程度の訓練がされてはいるのですが、個人差があり、採血作業が苦手な看護師がいることも事実なのです。個人の能力の違いにより採血作業が得意、不得意という差がでてきているのです。このような現場の実態を踏まえ、それらをサポートする体制をとっている病院もあるのです。

一番大事なことは、それぞれの看護師が自身の能力にてらして採血作業をきちんとできるかどうかを認識し、無理な場合はその旨をきちんとアピールすることが大事なことといえます。難しいと認識した場合には採血するための針をさす場所を変えるとか、針の太さかえるとかを理論だてて考え実践できることが必要ということです。患者によって採血の難易度の差は大きいのです。どうしても無理な場合はそのみちのベテランに依頼する勇気も必要ということです。結果として患者のことを最優先で考えて行動できることが大事なことといえます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ