イメージ画像

准看護師の存在意義について

准看護師の存在意義については、看護師側からしてみれば理解されない事も多く、事細やかにフォローを行っているのにもかかわらず、非難される事も少なくないです。しかし、准看護師は、医療行為が行えない代わりに、看護師が医療行為を行う為に出来る限りのフォローを行う事が仕事となるので、看護師さんのお手伝いを誠実にこなし、患者さんの治療をスムーズに行えるようにする事が仕事なので、存在意義がない訳では無いのです。

しかし、准看護師として存在意義を確立できるような職場で勤務をするのと、そうでない職場で勤務をし、何を行ったらよいのかわからないような状態で日々勤務を続けるのとでは、かなり精神的な負担に差が出てきます。看護師と准看護師がお互いのできることを上手く理解し合いながら仕事を行える職場を見つけるのには、内部事情を多少なりとも提供してくれるような場を利用し、求人を探す必要があるので、そのようにするのが無難です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師として働いていくために

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ